簿記検定試験種目および内容

級別科目内容

1級

商業簿記
会計学
工業簿記
原価計算 

制限時間:3時間

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。1級に合格すると、税理士試験の受験資格が得られる。
大学で専門に学ぶ程度の商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算を習得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析ができる。

2級

商業簿記
工業簿記

制限時間:2時間

株式会社の経営管理に役立つ。
企業の財務担当者として必要な高校(商業高校)程度の商業簿記、工業簿記を習得している。
財諸表を読む力が身につき、自社や取引先の経営内容を数字から把握できる。

3級

商業簿記

制限時間:2時間

企業で働く者に必須の基礎知識が身につき、商店や中小企業の経理事務に役立つ。
経理関連書類を読むことができ、青色申告などの書類作成もある程度できる。経理・財務担当以外でも必要な知識として評価する企業も多い。


※簿記検定試験の出題区分の改定、または試験の詳細に関しては日本商工会議所HPをご確認ください。

http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/

各級採点方法

試験の採点は各級とも満点を100点とし、得点70点をもって合格とする。 試験問題の点の配分は検定試験の都度定める。ただし、1級に限り1科目毎の得点が40%に満たない者は不合格とする。